家庭用脱毛器で日焼けや黒子(ホクロ)部分の脱毛は?

IPL 黒子(ほくろ)

光の力でムダ毛を脱毛するIPL式やレーザー式の家庭用脱毛器は、色素の濃い部分に反応する仕組なので、日焼けした後の肌や黒子(ほくろ)のような黒い部位など、色素が濃ければ、その分、多くの光が集まることによって、場合によっては傷みを感じやすくなります。

 

そのため、IPL方式を採用しているほとんどの脱毛エステサロンは無料カウンセリングの段階で必ずこれを説明して、通っている最中に極端に日焼けをした場合は、治まるまでの一定期間は脱毛施術をお断りしています。

 

ムダ毛の処理を行なう場合は、肌トラブルなどの原因となるため、日焼けした部位やムダ毛の近くに黒子(ほくろ)がある場合は、できるだけ避けて処理する方が安全です。

 

日焼け後の肌は、メラニン色素が作られ肌が落着くまでに、最低でも約2週間は必要だと言われるので、その期間があけた後に使用するようにしてください。

 

しかし、不意な急用が入ってしまい、日焼け対策も充分でないまま外出してしまい、紫外線を浴びてしまうことがあると思います。

 

このような場合は、その人の肌質や紫外線を浴びた量や時間があるので確実に効果があるとは言えませんが、肌が日焼けした状態になるのを抑える方法があります。

 

それは、紫外線を多く浴びたと思う部位の肌表面を美白化粧品でケアすることです。

 

ただ、美白化粧品なら何でも良いという訳ではなく、肌の漂白効果が高い分、刺激が強いハイドロキノンなどが主成分で配合されている美白化粧品でなく、肌に優しくメラニン色素の生成を抑えるビタミンCやアルブチンなどが主成分となっている美白化粧品が良いです。

 

また、紫外線は肌内の水分を蓄えるセラミドなどの成分まで減らしてしまうので、メラニン色素の生成を抑えるのと同時に保湿機能の回復や日焼けによる肌内の炎症を抑えるような美白化粧品なら、なお効果的です。

肌に優しい美白化粧品のお試し品ランキング(別サイト)

 

また、脱毛したい範囲に黒子(ほくろ)がある場合は、パッチ(絆創膏)などを貼り付けて黒子(ほくろ)部分を保護すると安心です。

 

しかし、ケノンのように一部のIPL式の家庭用脱毛器にある、フェイシャル機能は、シミやそばかすが減ったり、ほうれい線が消えてしまうなどの嬉しい効果を感じている人も少なくないようです。

 

IPL脱毛器のフェイシャル機能は、脱毛処理の時と同様に、色色の濃い部分に反応するのですが、肌の代謝そのものがあがる効果があるため、不必要な角質が剥がれ落ちるとともに、小さなほくろやシミがなくなってしまうという減少も不思議なことではないようです。

 

逆にフェイシャル機能で、薄くなったり消してしまいたくないほくろの部位には、脱毛処理をする時と同じように、パッチ(絆創膏)などを貼り付けて保護することで、フェイシャルの効果を出さないこともできます。

 

このように、IPL式の家庭用脱毛器にあるフェイシャル効果によって、肌そのものの新陳代謝(ターンオーバー)が活発になり、はがれ落ちそうな、ほくろやシミやソバカス、ほうれい線にのみに使用すると、思わぬ嬉しい効果を得ることができそうです。

家庭用脱毛器のフェイシャル(美顔)効果は?

 

ただし、肌表面に盛り上がっているような大きなほくろは、自分で処置を行わず、医師の診察を受けることが大切です。

 

IPL式やレーザー式の家庭用脱毛器の黒子(ほくろ)やシミへの使用は、美肌効果を得るフェイシャル機能のみで良いですが、日焼けしたお肌には、肌トラブルなどを起こさないよう慎重になった方が安心です。

 

この記事がお役に立てましたら、SNSでの共有をお願いします。
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加